«前の日(02-14) 最新 次の日(02-16)»

fkino diary


2008年02月15日

_ くまざわ書店錦糸町店の店頭POP

かくたにさんと書いたPOPをくまざわ書店錦糸町店にも置かせてもらっています。

今回は私自らが潜入して撮影してきました。

引用は例によってid:masanobuimaiさんです。この場を借りてお礼申し上げます。

このPOPはid:emeitchさんとid:emeitchさんの奥様のお取りはからいにより実現しました。ありがとうございました。

D1000021

D1000022

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ かくたに [スネーク乙!]


2009年02月15日

_ 【告知】『アート・オブ・アジャイル デベロップメント』刊行記念トークセッション

3月5日にジュンク堂池袋本店でトークセッションをやります。例によって電話でお申し込みください。

懇親会もやります。続報をお待ちください。

シークレットゲストも調整中ですので、お楽しみに!!

http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk.html#20090305ikebukuro

『アート・オブ・アジャイルデベロップメント』(オライリー・ジャパン)
刊行記念トークセッション
アート・オブ・アジャイルデベロップメントへの道 〜XPと歩んだ10年〜
平鍋健児 × 木下史彦
 (監訳者)  (監訳者)
■2009年3月5日(木) 19:00〜

 アジャイル開発におけるXPプログラミングの重要性を説き、XPを
チームに導入する意義と方法、さらにXPのプラクティスについて詳述
したアジャイル開発の決定版、『アート・オブ・アジャイル
デベロップメント』。
 日本のアジャイルをリードしてきた平鍋健児氏と開発の現場でアジャイル
開発を実践している木下史彦氏による監訳の日本語版が、オライリー・
ジャパンにより2009年2月に出版されました。
 
 この出版を記念し、トークイベントを開催いたします。監訳者である
平鍋・木下両氏をお迎えし、アジャイル10年の歴史を振り返りながら、
開発現場でのアジャイルの重要性、導入と実践、またその中での苦労と
結実について、お二人自らの経験を元に大いに語っていただきます。

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)(James Shore/Shane Warden/木下 史彦(監訳)/平鍋 健児(監訳)/笹井 崇司)

追記

シークレットゲストが岡島さんであることがさっそくパブリックになってしまいました

Tags: taoad event