«前の日記(2009年07月22日) 最新 次の日記(2009年08月08日)»

fkino diary


2009年08月01日 [長年日記]

_ デザイン思考の仕事術ワークショップ

参加してきました。

講師の棚橋さんは本から受けた印象通りのパワルフな方でした。

ワークショップは旅行サイトのアクセス数を増やすというテーマで実在する3人の人物へのヒアリング結果を題材に

ワークモデル分析→KJ法→ペルソナの作成→シナリオの作成

という流れで進みました。

ペルソナについては、私の身近で実践しているやり方はゼロベースで何もないところから作っていることが多かったので、ワークモデル分析やKJ法といった方法を使って複数のユーザーの人格をかけあわせてペルソナを作っていくというやり方に目から鱗が落ちる思いでした。

特に、KJ法は私の誤解もあったのですが、俯瞰してざっくり分類してしまうのではなく、ひとつひとつ似ているものを慎重に寄せていくというやり方で、ボトムアップでペルソナが形作られていくのを体験できました。これはかなり衝撃的でした。ペルソナの人格がぶれているとシナリオがうまくかけないとか、そういったことも実際にやってみて気づきを得られたことでした。

今回のワークショップではふれられていなかったペルソナを作ったあとのペーパープロトタイピングや、その前のユーザーヒアリングの話なんかも聞いてみたいです。

ひらめきを計画的に生み出す デザイン思考の仕事術(棚橋 弘季)

ペルソナ作って、それからどうするの? ユーザー中心デザインで作るWebサイト(棚橋 弘季)

Tags: design