最新

fkino diary


2015年09月12日 [長年日記]

_ XP祭り2015に参加しました

XP祭りで「俺も エクストリームプログラミング入門」という話をしてきました。

はじめて参加したXP祭りから10年だということを前日の夜に思い出して、感慨に耽っていました。

今年は 白本の新訳 が出たということもあり、自分の中でXP熱がいつにも増して高まり、XPシリーズ の日本語に翻訳されているものを全色読み直してみました。すると、全然古くなっていないばかりか、新しい発見もありました。

今回は、XPシリーズの各書籍の中で、特に私の琴線に触れたフレーズを紹介する形式でスライドを作成しました。いつになく文字の多いスライドになりましたが、ぜひ、声に出して読んでいただきたいです。

補足

この日記を書いている時点で、『XPエクストリーム・プログラミング アドベンチャー』の1円のものが売れてしまったらしく、値上がりしていました。白本以外のXPシリーズ全色で合計 252円 (送料別) になっています。

参考URL

XP の真髄 https://www.ibm.com/developerworks/jp/java/library/j-xp/

Enforcing Methods http://c2.com/cgi/wiki?EnforcingMethods

参考文献リスト

こうして並べてみると『エクストリームプログラミング』と『リファクタリング』が復刊されてなかったら、絶版の本ばっかり宣伝して帰っていったおじさんになるところだった。オーム社さん、ありがとう。

エクストリームプログラミング(Kent Beck/Cynthia Andres/角 征典)

XPエクストリーム・プログラミング入門―ソフトウェア開発の究極の手法(ケント ベック/Kent Beck/長瀬 嘉秀/飯塚 麻理香/永田 渉)

XPエクストリーム・プログラミング実行計画 (The XP Series)(ケント ベック/マーチン ファウラー/Kent Beck/Martin Fowler/長瀬 嘉秀/飯塚 麻理香)

XPエクストリーム・プログラミング導入編 ― XP実践の手引き (The XP Series)(ロン・ジェフリーズ/アン・アンダーソン/チェット・ヘンドリクソン/平鍋 健児/高嶋 優子/藤本 聖)

XPエクストリーム・プログラミング検証編―XPの基礎・応用・発展を考察する33篇精選論文集 (The XP series)(ジャンカルロ ズッチ/ミシェル マルケシ/Giancarlo Succi/Michele Marchesi/小野 剛/細川 馨/石川 真之)

XPエクストリーム・プログラミング実践記―開発現場からのレポート (The XP Series)(ジェームズ ニューカーク/ロバート・C. マーティン/James Newkirk/Robert C. Martin/比嘉 康雄/高嶋 優子/平鍋 健児)

XPエクストリーム・プログラミング アドベンチャー (The XP series)(ウィリアム・C・ウェイク/長瀬 嘉秀/今野 睦/飯塚 麻理香/畑田 成広)

XPエクストリーム・プログラミング適用編―ビジネスで勝つためのXP (The XP Series)(ケン アウアー/ロイ ミラー/Ken Auer/Roy Miller/平鍋 健児/遠藤 真奈美/高嶋 優子/山田 禎一)

XPエクストリームプログラミング懐疑編―XPはソフトウェア開発の救世主たりえるのか (The XP Series)(ピート マクブリーン/Pete McBreen/村上 雅章)

XPエクストリーム・プログラミング Web開発編(Dong Wallace/Isobel Raggell/Joel Aufgang/平鍋 健児/高嶋 優子)

プログラムデザインのためのパターン言語―Pattern Languages of Program Design選集(PLoPD Editors/細谷 竜一/中山 裕子)

新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)(Martin Fowler/児玉 公信/友野 晶夫/平澤 章/梅澤 真史)

Software Engineering Economics (Prentice-Hall Advances in Computing Science & Technology Series)(Barry W. Boehm)

スター・ウォーズ エピソードI ファントム・メナス [DVD]

Tags: xpjug XP

2015年06月26日 [長年日記]

_ エクストリームプログラミング

2015-06-26 13.10.25

レビューアとして参加

レビューアとして参加させていただいた『エクストリームプログラミング(Kent Beck/Cynthia Andres/角 征典)』(いわゆる白本の完全新訳版) が発売されました。そして、とても光栄なことに、翻訳者の @kdmsnr から話を振ってもらって、日本語新訳版への推薦の言葉まで書かせてもらいました。

@kdmsnr をはじめ、オーム社さん、レビューア陣のみなさま、お疲れさまでした。

レビューアをやらせてもらうのにあたって、日本語と並べて原文も見直したのですが、Kent Beckの英語は解釈が難しかったです。私が翻訳する場合は、行間を補足して(言葉を補って)、分かりやすい日本語の文章にしょうとしてしまうのですが、@kdmsnr の翻訳は行間は補わずに (いわゆる超訳に逃げないで)、原文に忠実に翻訳しながらも、分かりやすい日本語になっています (安心して読めます)。よって、行間については、各自補って読むといいと思います。

トークショー「XPは何を伝えたかったんだと思う?」

では、どうやって行間を補うのか?

ジュンク堂書店 池袋本店で行われたトークショー「XPは何を伝えたかったんだと思う?」で、@kdmsnr と @kakutani がたくさんのヒントをくれました。資料は こちら にあがっています。

個人的には、今年の3月に社内で「俺」シリーズ完結編として 「コミュニティの俺」というタイトルで15分くらいの話をした のですが、その発表の中で、白本の最後の最後 (結論のひとつ前、有名な23章のひとつあとのクライマックスともいえるところ) で Kent Beck が「コミュニティとXP」というタイトルでコミュニティについて書いているのはなぜか?という宿題を出していたのですが、その答え合わせができてよかったです。

30冊購入

永和システムマネジメント アジャイル事業部 では、『エクストリームプログラミング(Kent Beck/Cynthia Andres/角 征典)』を30冊購入しました。

2015-06-26 12.25.27

公開しているアジャイル事業部の 事業部計画書 にも「エクストリームプログラミング」というキーワードを出しているのですが、白本を読んだことがないというメンバーもいて、この機会に自分たちが普段やっていることのルーツを知ってほしいと思い、事業部のメンバー全員に配布することにしました。

今後、キャリア採用で入社される方にもお渡ししますので、ご応募お待ちしております

エクストリームプログラミング(Kent Beck/Cynthia Andres/角 征典)

Tags: XP xpe2nd

2015年05月25日 [長年日記]

_ 永和システムマネジメント アジャイル事業部 では事業部長の席を廃止しました

既報 の通り、永和システムマネジメントの東京支社は神田に移転しました。

移転に伴うレイアウト変更で、アジャイル事業部 事業部長の固定席を廃止しました (東京支社で作業するプロジェクトメンバーの席は固定席として残しています)。今後、私 (事業部長) は空いている席 (フリーアドレスやカフェスペースの席) を放浪することになります。

つまり私は、永和システムマネジメント 35年の歴史の中で、自分の席を持たない最初の事業部長になりました。

他に35年以上の社歴を持つ会社で、自席を持たない事業部長の方がいらっしゃれば、私までご連絡ください。お友達になれそうです。

自席がなくなったことにより、電話をどこにつなげばよいか分からない (内線番号がない) という声があがっておりますので、私の携帯電話番号 (私物) を記載しておきます。

090-3495-3782

よろしくお願いします。

そして、もうひとつサプライズを用意していますので、続報をお楽しみに!!

Tags: esm

2015年04月11日 [長年日記]

_ XP祭りin関西2015 に参加しました

今年も関西でXP祭りをやるというので顔を出してきました。

それぞれの講演者がマネジメント視点で「アジャイル」について語るという企画で、私のポジションや問題意識と近いテーマだったこともあり、非常に参考になりました。また、久々にお会いした人たちに近況 ( 事業部のこと価値創造契約のこと ) を報告できてよかったです。

以下メモ。

  • 細谷さん が講演のときに会社の名前を出して発表するのを初めて見てた (いいものを見た)。
  • 津田さん は話の組み立てが上手く、勉強になった。
  • パネルは「戦略と戦術」というテーマそのものが難しかったけど、谷口さん の発言が一番実感があり、説得力があった。
  • 川端さん は川端さんだった (2次会でツッコんでおいた)。
  • 中原さん がいた!!
  • 前職の取引先の方がいたので、思い出話をした。
  • Idobata に興味をもってくださった人がいたので、宣伝しておいた。
  • 東京から来ていた @teyamagu阪井さん や @akipii さんに紹介できた。
  • じゃんけんで勝った人に『アジャイルプラクティス』を手渡しした ( オーム社さん 、いつもありがとうございます)。
  • 同日に DevLOVE関西 をやっていて会えなかった @yohhatu とゴールデンウィークに 会う 約束をした。

2015年03月11日 [長年日記]

_ Fearless Change 組織に新しいアイデアを広げるためのワークショップ に参加しました

Mary Lynn Manns が来るというので、参加してきました。

Fearless Change』のもうひとりの著者である Linda Rising が来日したのがちょうど東日本大震災の年のAgile Japanで、Linda の言葉ひとつひとつに勇気づけられたのを思い出しました。そして、4年後の3月11日に Mary Lynn Manns のワークショップを 受講するという縁はまったくの偶然とは思えず、感慨深かったです。

ワークショップの内容は『Fearless Change』と新刊『More Fearless Change』で紹介されている63個のパターンを使って、参加者が持ち寄った「新しいアイデアを組織に普及させようとしたときに直面した困難」を解決する方法を考えるというものでした。

本で読むだけでなく、実際の問題にパターンを適用してみて、『Fearless Change』に書かれているパターンが身近になった気がします。パターンを適用するというと仰々しいですが、『Fearless Change』に書かれているパターンは普段の仕事の場面でも有効なものが多く、普段の会話の中でパターン名をちょこちょこ使っていくところからはじめるのがよいのかなと思いました。

セミナーを開催してくださった 井庭先生川口さん 、ありがとうございました。

Fearless Change アジャイルに効く アイデアを組織に広めるための48のパターン(Mary Lynn Manns/Linda Rising/川口 恭伸/木村 卓央/高江洲 睦/高橋 一貴/中込 大祐/安井 力/山口 鉄平/角 征典)

More Fearless Change: Strategies for Making Your Ideas Happen(Mary Lynn Manns/Linda Rising)

2015-03-11 15.39.38

2015-03-11 16.24.59

Tags: pattern