«前の日(06-29) 最新 次の日(07-01)»

fkino diary


2008年06月30日

_ Agile2008 Keynote Speakers

8月にカナダのトロントで開催されるAgile2008 Conferenceに参加する予定なのですが、セッションの数がとにかく多いので、今から少しずつ調べていこうと思っています。

まずはKeynoteから。

James Suroweicki

The Wisdom of Crowds』(邦訳は『 「みんなの意見」は案外正しい』) の著者です。

一握りの天才や専門家たちが下す判断よりも、普通の人の集団の判断の方が実は正しいという論理を展開しています。

XPやScrumをはじめとするアジャイル開発ではチームワークが重視されますが、「烏合の衆」や「集団浅慮」と言われるような状況に陥る危険性をはらんでいることも事実です。

James Suroweickiはソフトウェア開発者ではありませんが、「群衆の知 (Collective Wisdom)」とアジャイル開発をどのように絡めてくるか、今から楽しみです。

The Wisdom of Crowds: Why the Many Are Smarter Than the Few and How Collective Wisdom Shapes Business, Economies, Societies and Nations(James Surowiecki)

「みんなの意見」は案外正しい(ジェームズ・スロウィッキー/小高 尚子)

Robert C. Martin

彼の経歴についてはほとんど説明が必要ないですよね。ボブおじさんです。

近刊は『Clean Code』です。会場で先行販売とかあるんでしょうか?

日本では『アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版』がもうすぐ発売になりますね。こちらも楽しみです。

講演タイトルは『Oh, Agile!』という煽り気味なタイトルになっていて、これだけでは何の話をするのかよく分かりませんが、ディナー会場での講演になるみたいなので、きっと面白いことを言ってくれるのでしょう。

Clean Code: A Handbook of Agile Software Craftsmanship (Robert C. Martin Series)(Robert C. Martin)

アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版 オブジェクト指向開発の神髄と匠の技(ロバート・C・マーチン/瀬谷 啓介)

Alan Cooper

「Visual Basicの父」と言われている人物です。

彼の代表的な著作は2つあって、ひとつが『About Face』(初版の邦訳は『ユーザーインターフェイスデザイン』)、もうひとつが『The Inmates Are Running the Asylum』(邦訳は『コンピュータは、むずかしすぎて使えない!』) です。この2冊は「ソフトウェア開発者のための推薦図書」にも入っている名著です。

どういう話が聞けるか分かりませんが、「ユーザーセンタードデザイン(UCD)をエクストリームプログラミング(XP)の中で実現するには」みたいな話を期待しています。

About Face 3: The Essentials of Interaction Design(Alan Cooper/Robert Reimann/Dave Cronin)

ユーザーインターフェイスデザイン―Windows95時代のソフトウェアデザインを考える (Programmer’s SELECTION)(アラン クーパー/Alan Cooper/テクニカルコア)

The Inmates Are Running the Asylum(Alan Cooper)

コンピュータは、むずかしすぎて使えない!(アラン クーパー/Alan Cooper/山形 浩生)

Tags: Agile2008