«前の日(05-26) 最新 次の日(05-28)»

fkino diary


2007年05月27日 スタロジカンファレンス?

_ Seasar Conference 2007 Spring

Seasar Conferenceに行ってきました。というか、参加したセッションはほとんどスタロジカンファレンス(?)でした。(^_^;)

Seasar Conferenceへの参加は今回で3回目(皆出席)ですが、過去2回に比べても今回は非常に有意義でした。

Web2.0時代のDB設計 〜RDB meets URL〜
  • RDBMSによる閉塞感
    • ベンダーにロックインされる
  • Javaによる閉塞感
    • 気が重い
    • レンタルサーバーで動かない
    • Next COBOL < J2EEはメインフレームのリプレースのための規格
  • システム要件による閉塞感
    • DBは経営資源というけれど、活用できていない
  • そこでREST
  • RESTfulDao
  • デモ
    • 顧客情報マスタとGoogleMapsのマッシュアップ
  • DB設計重要
    • ERDレッスン
    • アプリケーション要件とデータ構造は分けて考える
    • そこでBuri
Agile時代のSQL書き方ドリル 〜SQL meets Geen Bar〜
  • SQL
    • インピーダンス・ミスマッチ > プログラマがSQLを書くことには、技術的というよりは文化的な齟齬がある
    • 出来のいいORM(S2DaoやActiveRecordなど)がでてきたので、SQLはあまり書かなくてよくなった
    • それでも残ったSQLが難敵
    • SQLを教えてくれる人がいない > 独習
  • 改訂新版 反復学習ソフト付き SQL書き方ドリル (WEB+DB PRESS plusシリーズ)(羽生 章洋/和田 省二)
    • p-wadaさん登場
    • 見本誌はツヤあり
  • SQUAT
    • id:t-wadaさんのジャイアンリサイタル?
    • Windows風のルック&フィール(Macだとスキンが無効になるのでこの辺が分からないかも)
    • シンタックスハイライト < これはすごい
    • ショートカットキー > ctrl+Enter
    • Yellow Fade Technique
    • TDDで開発した
    • S2Unitを使っている
EscafeプロジェクトとTuigwaa
  • Escafe
  • Tuigwaaで受託開発
    • お客様の目の前で作る
  • Webアプリ潜在量
    • コスト対効果の壁
    • イメージの壁
  • 事例
  • 今後
    • YUI
    • Buri
    • WebAPI
見える化時代の業務分析 〜マジカ! meets 業務フロー〜
  • 業務分析
    • 無意識でやっている仕事
  • 見える化
    • フローチャートは義務教育で習わない
    • 自分の仕事以外正しく書けない
  • マジカ
    • 世の中には業務フローなんて存在しない
    • 受け渡しはある
    • ワークステートエンジン > Buri
    • こちらへカード > ifを使うとわかりにくくなるので、gotoを使う感じ
  • お客様にやってもらうために
    • 1人10時間
    • お客様には概ね好評
    • 拒否感はあまりない
    • 創業社長はノリノリ
    • サラリーマン社長はやりたがらない
    • 中間管理職に拒否感
    • マジカがだめなところには、マジカ以外のものを持って行ってもダメ
    • マジカを拒否されたら引く
    • そういうところはプロジェクト自体が立ち往生している
マッシュアップ時代のワークフロー 〜Buri meets REST〜
  • Buri
    • Javaからしか呼べない
    • フルスタックで考えないといけない
  • RESTfulBuri
  • デモ
    • 資産管理システム < これは使える
    • Amazon APIとのマッシュアップ
    • Buriコンソール < グリッカブルマップで実現 < これはすごい
  • 告知
    • Buri祭り(7/16)
    • スタロジカンファレンス(7/19)
その他
Tags: Seasar

2009年05月27日

_ 舞浜

今日、同僚から聞いた話。

東京ディズニーランドの最寄り駅「舞浜」はアメリカ合衆国フロリダ州の都市マイアミビーチ市に因んでいるそうです。

へぇ。

Tags: etc
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ ngtyk [ビックリするほどみんな信じてくれなかったので逆にウケました!]


2010年05月27日

_ 第14回すくすくスクラム ~スクラムの落とし穴はどこだ?!~

参加してきました。

西村さんによるスクラムの解説と安井さんのゲーム・ワークショップ。

ゲーム・ワークショップを通して、プロジェクトのビジョンが共有されていればプロダクトオーナーは事細かに指示しなくても、チームメンバーは自律的に判断して動けるということが再確認できました。

まあ、実際のプロジェクトでは、みんなが合意できるシンプルなビジョンをつくるのが難しいのですが。

Tags: scrum suc3rum