«前の日記(2008年09月30日) 最新 次の日記(2008年11月12日)»

fkino diary


2008年10月14日 [長年日記]

_ Manage It! 現場開発者のための達人式プロジェクトマネジメント

献本いただきました。ありがとうございました。

Manage It! 現場開発者のための達人式プロジェクトマネジメント(Johanna Rothman/でびあんぐる)

この本の著者はJohanna Rothman。彼女は今年のAgile2008でLeadership&Team StageのProducerを務めていました。そんなこともあって、何度かメールをやりとりしたり、現地 (カナダ) で実際に会って話をしたりしました。

著者であるJohannaと言葉を交わしたことがある数少ない日本人として言っておきます。この本は絶対に買いです。

今年のXP祭りに参加された方はご存知かとは思いますが、私はAgile2008に行くにあたって、ひょんなことでExperience Reportという論文を書くことになってしまいました。つたない英語で書いた論文をレビューしてくれたのがJohannaでした。もっとボロカスに言われるかと思って覚悟していたのですが、論文をレビューに出して最初に返ってきた返事が "I really like your paper. Your English is quite good!" だったのを見て、「よかったぁ。優しい人で」と思って胸を撫で下ろしましたよ。

論文をレビューしてもらうために何度かメールでやりとりしたのですが、とにかく返事が早いんです。それから、メールに必ず一言、褒め言葉を入れてくれるんです。本当に救われましたね。

そんな彼女の人柄を反映してか、Agile2008のBanquetと呼ばれる懇親会でも彼女は大人気で、いつも周りに人が集まってきていました。

『Manage It!』の日本語版が近々出版されるということ、しかも、私の監訳した『Practices of an Agile Developer』と同じ出版社から出版されることを伝えたら、すごく喜んでいました。ついに出版されたので、またJohannaに報告しておきたいと思います。

本書の最初にある「読者の声」のページを見ても、この本に対する推薦の言葉というより、Johannaの人柄や考え方に対する賛辞が多数を占めていることに気づきます。

本編はまだ読み始めたばかりですが、実感として「うんうん。そうそう」と思えるところが多くて、ワクワクしながら読み進めています。また、読み終わったら感想を書きたいと思います。