«前の日記(2007年10月18日) 最新 次の日記(2007年10月24日)»

fkino diary


2007年10月23日 [長年日記]

_ ソフトウエアの要求「発明」学

読みました。

ソフトウエアの要求「発明」学(スザンヌ・ロバートソン/ジェームズ・ロバートソン/河野正幸)

今まで「要求」と呼んでいたもののほとんどが、「ソリューション」であって、「要求」ではないことに気付かされました。

熊とワルツを - リスクを愉しむプロジェクト管理(トム・デマルコ/ティモシー・リスター/伊豆原 弓)を読んで以来、「リスク」という言葉に敏感になってしてしまうのですが、「要求」という言葉に対しても過剰反応するようになっていまいそう。

ところどころで、筆者がムダに熱くなっているのが面白かったです。と思えば、急にファンクションポイント法の説明始めるし。

そういえばこの本、コンテキスト図ばかりで、ユースケース図は全く出てこないんですね。この本に出てるようなコンテキスト図がJUDEで書けるようになるといいのになぁ。最近いろいろあって、ユースケース図には絶望した。

追記

DFDはJUDEの次のリリースでサポートされるそうです。\(^o^)/

Tags: tech