«前の日記(2008年07月01日) 最新 次の日記(2008年07月07日)»

fkino diary


2008年07月03日 [長年日記]

_ Agile2008セッション紹介 vol.1

これは8月にカナダのトロントで開催されるAgile2008 Conferenceの面白そうなセッションを勝手に紹介していくコーナーです。

Expanding Agile Horizons: The Five Dimensions of Systems (Mary Poppendieck)

今回のイベントのテーマと同じタイトル「Expanding Agile Horizons」でが話します。アジャイルがキャズムを越えたその先にはどんな世界が広がっているのか?ワクワクしますね。Maryが今回のイベントのコンセプトを語ってくれるんじゃないかと思っています。ちょうど私の発表の裏なので聞けないのが残念です。

Agile Estimating and Planning (Mike Cohn)

今回の講演タイトルと同名の書籍『Agile Estimating and Planning』はあまりにも有名。(邦訳が待たれます)。

「6〜9ヶ月くらい先のことなら、ふつう正確に見積もれるだろ」という強烈な煽りをしています。

Planning Pokerとかを実際にやってみるみたいで、面白そうです。

Agile Estimating and Planning (Robert C. Martin Series)(Mike Cohn)

Ten Terrific Transition Tips (Joshua Kerievsky)

パターン指向リファクタリング入門』の人です。

「アジャイルになるための10の方法」って、これまた煽り気味な感じです。

「1時間にぎっしり詰め込むで。俺ニューヨーク育ちやから、喋んの速いし。」って書いてあって、ちょっと引いた。確実に振り切られそう。大阪人は歩くのが速いと同じ感じで、ニューヨーカーは喋るのが速いみたいなのがあるんでしょうか?

1日目のMain Stageは奇遇というか何というか、Dirk Riehle、Alan Shalloway、Joshua Kerievskyというソフトウェアのパターンに関する著書がある人が入れ替わり立ち代り出てきて「アジャイル、アジャイル」言うっていう構成になっています。

Pattern Languages of Program Design 3 (Software Patterns Series)(Robert C. Riehle, Dirk Buschmann, Frank Martin)

デザインパターンとともに学ぶオブジェクト指向のこころ (Software patterns series)(アラン・シャロウェイ/ジェームズ・R・トロット/村上 雅章)

パターン指向リファクタリング入門~ソフトウエア設計を改善する27の作法(ジョシュア・ケリーエブスキー/小黒 直樹/村上 歴/高橋 一成/越智 典子)

Trouble with component teams and an alternative: feature teams (Bas Vodde)

近刊『Scaling Lean & Agile Development』の紹介です。

100人以上でアジャイル開発をやるにはどうすればいいかとか、そいう話ですね。

事前にあがっている資料の中にBasと平鍋さんが一緒に写っている写真がありました。なんだ、友達なんですね。

Tags: Agile2008
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
_ 平鍋 (2008年07月04日 10:06)

ありました?<br>もうひとり、実践UMLのラーマンが写ってる?<br>Good thinking, Good product の下で撮った写真かな。

_ fkino (2008年07月04日 14:54)

そうです。Good thinking, Good product の下で3人で写っている写真です。