«前の日記(2008年01月14日) 最新 次の日記(2008年01月16日)»

fkino diary


2008年01月15日 [長年日記]

_ 北欧型マネジメントのエッセンス

今日は寝過ごしてしまって北欧勉強会に参加できませんでした。ダメダメやなぁ。

そこで、北欧ネタでひとつ。

「アクション(行動)だけでは自動的にラーニング(学習)は行われない。リフレクション(反省)こそ、純粋で創造的な学習へのカギとなる」—レナート・ローリン—

  • 上下関係の希薄なフラットな組織のなかで、メンバーのコンセンサスを重視する委任型のリーダーシップを重んじる
  • 緻密にリスクを計算し、最小のリスクで最大の収穫が得られる戦略を極力採用する
  • 多様性を調整し、統合化することを工夫する
  • 人の話を丁寧に聞き、丹念に学び取る
  • 従業員と経営者の間は、相互尊敬の念に基づくパートナーシップ・ネットワークという関係にある

相当通じるものを感じます。

ふりかえりが重要って書いてありますよ。

それではご唱和お願いします。

「アクション・リフレクション・ラーニング!!」


ヴァイキング7つの教え―逆境を生き抜く北欧ビジネスの知恵に学べ(オッレ・ヘドクヴィスト/可兒 鈴一郎)