«前の日記(2008年06月05日) 最新 次の日記(2008年06月07日)»

fkino diary


2008年06月06日 [長年日記]

_ Rubyを256倍使うための本 網道編

随分前に買っていたのですが、最近読みました。

Rubyを256倍使うための本 網道編(ただ ただし/arton)

この本のテーマはふたつあって、ひとつがeRubyで、もうひとつがdRubyです。公私ともお世話になっています。この日記はtDiaryですし、仕事ではdRubyはなくてはならないものになりました。

ここ3週間くらいはずっとRubyのコードを書いているのですが、こんなにRubyのコードをたくさん書いたのは生まれて初めてです。

思い起こせばRubyを初めて仕事で使ったのは、1999年のことでした。『オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby (ASCII SOFTWARE SCIENCE Language)(まつもと ゆきひろ/石塚 圭樹)』が出版されたばかりの頃で、当時の会社の先輩*1がテストデータをジェネレートするツールをRubyで書いていて、それをちょこっと修正したりしたのが最初でした。そのときはブロックが全然理解できてなかったな。初期値と終了値と増分を指定するC言語スタイルのfor文がないのがすごく不思議でした。懐かしいなぁ。

プログラミングって、楽しいですね。こんな時間がずっと続けばいいのに、と思うのですが、現実はそんなに甘くないのでした。

Tags: Ruby book

*1 Linux系のコミュニティで活躍されていて、jfbtermというプロダクトのコミッタをされてました。