最新

fkino diary


2009年02月01日 [長年日記]

_ ThoughtWorksアンソロジー —アジャイルとオブジェクト指向によるソフトウェアイノベーション

読みました。

ThoughtWorksアンソロジー ―アジャイルとオブジェクト指向によるソフトウェアイノベーション(ThoughtWorks Inc./株式会社オージス総研 オブジェクトの広場編集部)

北欧勉強会をはじめ、いろいろと交流させていただいているオブジェクトの広場のみなさんが訳されたということで、早速というほど早速でもないですが、読んでみました。

ひとつひとつのエッセイがコンパクトにまとめられているというのもありますが、翻訳が非常にこなれていてスラスラ読めました。何より専門用語に対する訳語がきっちり定訳にそっていて、その上、細かいところにこだわりが見られるのが素晴らしいと思いました。

最初の2つの章 (「ラストマイル」とFowlerのDSLの話) はこの本の骨格を成すものですが、それを除くと私のベスト3は

  • オブジェクト指向エクササイズ
  • プロジェクトバイタルサイン
  • Antファイルのリファクタリング

あたりですね。

「オブジェクト指向エクササイズ」では同じタイトルでyojik大村さんがデブサミで話をするみたいなので、そっちも楽しみです。「プロジェクトバイタルサイン」は実用的で自分たちのチームでも早速取り入れたいアイデアがありました。「Antファイルのリファクタリング」は半分ネタっぽい感じもしましたが、あくまでも真面目にやってるから面白いですね。

平鍋さんが書いているような理由で、ThoughtWorksにはシンパシーを感じます。そういえば、Agile2008でセッションを聞いて、少しだけ話もできたAmr Elssamadisyも元ThoughtWorkerで、人を引きつけるような話し方が印象的でした。この本を読んで、ThoughtWorksには個性の強い魅力的な人がたくさん集まってるんだなという印象をさらに強くしました。

Tags: Agile OO

2009年02月06日 [長年日記]

_ 予約注文がはじまりました

アート・オブ・アジャイル デベロップメント』の予約注文がはじまっています。

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)(James Shore/Shane Warden/木下 史彦(監訳)/平鍋 健児(監訳)/笹井 崇司)

アジャイルプラクティス』もいい本ですが、こっちも外せません。渾身の一発です。詳しいことはデブサミ終わったら書く。

Amazonを見ると監訳者のところが「木下 史彦(監訳) (監修)」となっていて変ですが、これは仕方なくやっています。Amazonの商品情報DBには「監訳」というフィールドがありません(「翻訳」と「監修」というフィールドしかない)。そのため、やむなく「監修」のフィールドに監訳者名と「(監訳)」という表記を入れています。

オライリーの書籍紹介ページはこちら。

http://www.oreilly.co.jp/books/9784873113951/

bk1は相変わらず価格が間違っているけど、本当にこの値段で売るつもりなんだろうか。。。

サポートページも早々とオープンしています。(既にバグ報告が……)

知らないうちに会社のホームページにも掲載されてました。id:ngtykが気をきかせてくれたらしい。GJ!

Tags: taoad

2009年02月12日 [長年日記]

_ サイン会やってます

本日、ようやく日本のみなさんに『アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)(James Shore/Shane Warden/木下 史彦(監訳)/平鍋 健児(監訳)/笹井 崇司)』をお届けるすることができました。デブサミ会場内、オライリーブースで先行販売しています。

オブジェクト倶楽部のブースではサイン会もやっています。本日、ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。あと、高さんやid:ngtykが呼び込みをしてくれました。サイン会の呼び込みって……と思いましたが、本当にありがたい話です。

明日のお昼休みもやりますので、是非、本をご持参の上、オブジェクト倶楽部ブースにお立ち寄りください。

DVC00021


2009年02月13日 [長年日記]

_ アート・オブ・アジャイル デベロップメント 〜テストが駆動するビジネス価値〜

デブサミで発表してきました。デブサミで発表することはひとつの目標だったので、嬉しいです。

この場をつくっていただいた岩切さんt-wadaさんかくたにさんに感謝します。ありがとうございました。また、発表を聞きに来ていただいたみなさん、ありがとうございます。

資料を置いておきます。

DSC_0079

追記

あまのりょーさんが「このセッションは個人的には木下さんのRTだと思ってます」と書いてくれていますが、それに関してひとこと。

岩切さんにお会いして、デブサミでしゃべりたい旨を伝えたのが昨年末。そのときは枠がもう埋まっているということで、やんわりとリジェクトされました。そのときに、コミュニティLTへの応募を勧められたのです。でも、それもリジェクトされました。

なので、今回の発表は2回リジェクトされた者だけに許されるリジェクトリジェクトトークスだったのです。

_ age++

そういえば、33歳になりました。

誕生日だと言って、あんなにたくさんの人たちに拍手をもらったのは初めてです :-)

DSC_0032

撮影はかくたにさん

Tags: life

2009年02月15日 [長年日記]

_ 【告知】『アート・オブ・アジャイル デベロップメント』刊行記念トークセッション

3月5日にジュンク堂池袋本店でトークセッションをやります。例によって電話でお申し込みください。

懇親会もやります。続報をお待ちください。

シークレットゲストも調整中ですので、お楽しみに!!

http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk.html#20090305ikebukuro

『アート・オブ・アジャイルデベロップメント』(オライリー・ジャパン)
刊行記念トークセッション
アート・オブ・アジャイルデベロップメントへの道 〜XPと歩んだ10年〜
平鍋健児 × 木下史彦
 (監訳者)  (監訳者)
■2009年3月5日(木) 19:00〜

 アジャイル開発におけるXPプログラミングの重要性を説き、XPを
チームに導入する意義と方法、さらにXPのプラクティスについて詳述
したアジャイル開発の決定版、『アート・オブ・アジャイル
デベロップメント』。
 日本のアジャイルをリードしてきた平鍋健児氏と開発の現場でアジャイル
開発を実践している木下史彦氏による監訳の日本語版が、オライリー・
ジャパンにより2009年2月に出版されました。
 
 この出版を記念し、トークイベントを開催いたします。監訳者である
平鍋・木下両氏をお迎えし、アジャイル10年の歴史を振り返りながら、
開発現場でのアジャイルの重要性、導入と実践、またその中での苦労と
結実について、お二人自らの経験を元に大いに語っていただきます。

アート・オブ・アジャイル デベロップメント ―組織を成功に導くエクストリームプログラミング (THEORY/IN/PRACTICE)(James Shore/Shane Warden/木下 史彦(監訳)/平鍋 健児(監訳)/笹井 崇司)

追記

シークレットゲストが岡島さんであることがさっそくパブリックになってしまいました

Tags: taoad event

2009年02月16日 [長年日記]

_ Subject To Change -予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

今年の正月に読みました。

Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る(Peter Merholz/Brandon Schauer/David Verba/Todd Wilkens/高橋 信夫)

これはおもしろかったです。

「体験」、「共感」、「感情」といったところの説明がよかったです。UX系の話でありがちといえばありがちですが、iPodやコダックの事例には関心させられました。

最初はアジャイルの説明が取って付けたような印象があったけど、順番に読み進めているうちに、ここでアジャイルが出てくるのは必然のような気がしてきました。

製品・サービス開発に関わるひとだけじゃなく、私のように受託開発に関わる人にとっても考えさせられる内容だと思います。

Tags: UX Agile book

2009年02月18日 [長年日記]

_ Release It! 本番用ソフトウェア製品の設計とデプロイのために

献本いただきました。ありがとうございます。

Release It! 本番用ソフトウェア製品の設計とデプロイのために(Michael T. Nygard/でびあんぐる)

まず目をひくのが装丁です。轟木亜紀子さん、グッドジョブすぎます。もうこれは言うことないですね。本文中には『アジャイルプラクティス』でお馴染みの天使と悪魔が出てくるのも親近感が持てます。

4章の途中まで読みましたが、これはヤバイぞ。もうこの底知れぬヒリヒリ感は何でしょうか?2章のケーススタディのところから、グイグイ引き込まれて、まるで自分がその場にいるような気分になります。

そうかぁ。確かにjava.sql.Statementのclose()でSQLExceptionが投げられることはあるけど、そこまで考えて作ってないよな。JDBCドライバの内部に熟知している人を私は少なくとも1人、知っていますが。

本番用ソフトウェア製品においてはそこまで考慮が必要ということですね。分かります。

そういえば、ちょっと前まではtcpdumpとかetherealとか多用してたんですけど、最近はあまり使ってないなぁ。

Tags: Agile book

2009年02月21日 [長年日記]

_ とちぎRuby会議01

とちぎRuby会議01に参加してきました。

行ってよかった。楽しかったです。

先週のデブサミで私の発表が終わった直後に咳さんが「Ask the Speaker」コーナーに来てくださったのが嬉しくて、今度は私が咳さんのところへ行こうと思ってデブサミが終わった翌日に申し込みをしました。

2冊続けて勝手に献本しているtkoさんにご挨拶するという目的もありました。

実はRegional RubyKaigiというものに生で参加するのは初めて(ustで見たりしたことはあった)だったのですが、本当にRegional RubyKaigiらしいRegional RubyKaigiで、こういうのがRegional RubyKaigiなんだなと実感できました。とちぎにはちゃんとしたRubyのコミュニティがあって、その中で共有されているコンテキストがあり、その上でRegional RubyKaigiという場に引き寄せられてきた人が、うまくそこに乗せてもらったという感じがしました。特に、toRuby勉強会でいつもやっているという写経をやれたのがよかったと思います。

Perl/Ruby Conferenceの話やmasarlさんの名前がでていたので、帰ってから20世紀をふりかえってました。今年は200x年代最後の年。こうやっていろいろなものを再発見していくのかもしれないと思いました。

スピーカーのみなさん、toRubyのみなさん、ありがとうございました。


2009年02月28日 [長年日記]

_ QCon Tokyo 2009でしゃべります

QCon Tokyo 2009でしゃべることになりました。

http://qcontokyo.com/tokyo-2009/session_35.html

しかし、すごい並び。がんばります。

2月末 (今日!!) までは、参加費用の早期割引が適用されますので、お早めにお申し込みください。

追記: 日本語でしゃべります。たぶん。

Tags: Agile event